癒し系のグッズ,癒し系アイテム,風水ジュエリー,風水パワースンの総合案内所

HOME | 石・天然石・パワーストーン | 絵画・カード | 置物・壁掛け |  財布 |  その他

風水って何なのさ?!

風水(ふうすい)は、古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきた、気の流れを物の位置で制御する思想。「堪輿(かんよ)」ともいう。風水では都市や住居(すなわち生者の居住空間)を「陽宅(ようたく)」、墳墓(すなわち死者の居住空間)を「陰宅(いんたく)」と呼んで区別している。そのよろしきを得れば、死者は永く幸を受け、生者はその子孫繁栄するという。

古代からの相宅や相墓といった占いの技術が陰陽五行説に基づきつつ総合されて成立した。風水には地理の別名があり、天文がかっては狭義の天文学と天象を基にした占いのアマルガムであったように、風水も狭義の地理学と地理を基にした占いのアマルガムであった。

そのため風水は大別すると、(1)地形読破の術である「巒頭(らんとう)」と(2)時間によって変化する天地間の気を判断する「理気(りき)」とに別れる。 (1)巒頭は、その土地の気の勢いや質を地形等の形成を目で見える有形のもので判断する方法であり、形法、形勢派、巒体派などとも呼ばれる。一方、(2)理気は陰陽五行や八卦、易理(易)、方位など目に見えないもので判断する方法であり、理法、理気派、屋宅派などとも呼ばれる。

ちなみに、現代における風水は、地磁気と人との関係を追究している。

「風水学」とは古来中国に伝わる学問で、一言でいうと「環境学」のようなものです。

風水の本質は、「風」をあやつり「気」の流れを用いることにより、運気を上げるというものです。 家・建物の向きや位置、部屋のインテリアなどで気の善し悪しを判断し、それを改善してゆくのです。

一流の風水師となると、その人物の運命を予言することも出来るそうです。

風水の本質は、気を操ることにあります。

「気は風に乗ずれば散じ、水に界てられれば即ち止まる。

故人はこれをあつめて散ぜしめず、これを行いて止めるあり。

ゆえに、この術を風と水、すなわち風水という。」(葬書)

という言葉があります。

本来、風水は国を興す土地を見つけるための術でした。王都を建設するための最良の土地を見つけるためです。

よって、本来は皇帝が学ぶ学問でした。

それがいつしか庶民の間にも広まり、中国の諸国では欠く事の出来ない学問になりました。

古来より中国にこんな言葉があります。「一命、二運、三風水、四積陰徳、五読書」

これは、風水を信じている人々による生きていくための考え方です。

人生を左右する一番の要素は、生を受けたときです。そして次に重要なのが運命(運勢)です。そしてその次にくるのが、この「風水学」ということです。ちなみに、四番目の積陰徳とは「隠れて良いことをする」ということです。いわゆる一日一善ってやつですね。そして最後に来るのが読書(勉強)ということです。

いかに風水が大事なのかが解る教えです。

「なぜか運が悪い」とか「ここに引っ越してから良いことが無い」など思ったことがありませんか?

これは部屋の模様替えや引っ越し等で知らないうちに風水的な凶方位(良くない方位)を犯しているのです。風水を知る人と知らない人では、こういった些細なことから差がついてしまいます。

風水はなにも限られた人だけが実施できるものではありません。誰にでも身の回りのことからお金をかけずにできるんです。

このページでは、こういった風水学を、 誰にでもわかりやすく紹介していきます。僕自身も勉強中なので、一緒に勉強していく感覚で見ていただければ幸いです。

「気軽に・楽しく」をモットーに、あなたも風水学の世界を覗いてみませんか?

風水の起源

この節には『独自研究』に基づいた記述が含まれているおそれがあります。解釈、評価、分析、総合の根拠となる出典を示してください。

「経曰 気乗風則散 界水則止 古人聚之使不散 行之使有止 故謂之風水」

という、郭璞に依るとされる風水の定義は、日本語訳したときに正しい意味として解釈できるか、というと難しい問題を含んでいる。

そもそも「気」は風に乗じるようなものではないし、水に遇って止まるわけでもない。また、「経曰」「故謂」の文字から、郭璞とされる「葬経」の編者が風水という言葉を作ったわけではなく、以前から人口に膾炙していた「風水」という言葉を、何らかの権威ある書物からの引用によって、その語源に関するひとつの説を提示しているものであり、郭璞とされる「葬経」の編者も断定はしていないのである。

ただし、風水に関する典籍には、『葬書』と同じく古い歴史を持つ『狐首經』『青?經』『青烏經』など、もっと多くの書物があり、異なる定義もある。『葬書』ばかり持ち上げるのは、どうなのであろうか。

もちろん、風水という言葉と風水の発展形態を考えるならば、風水史において『葬書』『青?經』『青烏經』が歴史的な価値があり、後世の風水書において引用され続けたのは周知の事実である。

台湾出身の漢学者張明澄によれば、風水という言葉は『周易』の「水風井卦」が語源だという(張明澄著『周易の真実』1998年) 。易について学んだことが無い人々は文字の順序が逆ではないかと思うかも知れないが、易卦は、下から順に「初爻」「二爻」「三爻」と立卦するもので、先に「風」(内卦)があって後に「水」(外卦)というのが本来の順序である。「井」とはそのまま井戸のことであり、空気と水が良い、井戸を掘る場所、つまり人が住む場所を決めるための技術が「風水」だったという考察も有る。

風水の理論構成は、巒頭と理気の別を問わず、易卦理論が基礎にあり、風水という言葉の起源もまた『周易』にあるのも至当というべきで、何ら疑う余地のないところである。

なお、現代の中国人社会では、風水はもっぱら墓相や墓そのものの意味に使われることが多い。実際に風水の効果が出るのは子孫の代になってから、という認識があるのかも知れないが、郭璞の『葬書』によるイメージが根強いためとも考えられる。

宋代の経典儒
宋代の経典儒としては、『太極図説』を編み「後天優勢、以学為志」を説いた周濂渓(1017-1073)、「気即理」を説き「王渠学」を立てた張王渠(1020-1077)、そして「性即理」「天理」を説いた程明道(1032-1085)と「心即理」「理気二元」を説いた程伊川(1033-1107)の兄弟が「理」について異論を唱え、それぞれの学派を形成する。

程明道の系統は、南宋の朱元晦(1130-1200)へと引き継がれ「朱子学」となる。 程伊川の系統は、南宋の陸象山(1139-1192)へと引き継がれ、さらに明の王陽明(1492-1528)によって「陽明学」が打ち立てられ、さらに王龍渓(1498-1538)、「厚黒学」の李卓吾(1527-1602)と続く。 

宋・明の「理学」にあっては、「気」と「理」のあり方がもっとも問われるところである。「気」とは自然、つまり先天的に存在する数理のようなロジックであり、経験則と言い換えることもでき、「格物致知」という「大学」以来の理念によって現出される。しかし「理」とは倫理であり、もともと人間に生まれつき備わるものなのか、学ぶことによって後天的に得るものなのか、あるいは行いによって初めて真実となるのか、などが争われたのである。

宋の象数易以前は、風水を観察する者にとって「気」を読むこと、つまり経験則だけが頼りであり、「三式」などの理論も、もっぱら「記号類型」という経験則であり、「理」と言えるような根拠は持ち得なかったのである。 つまり現代の風水信奉者が「非科学的」といって軽蔑されるることに耐えられなくなって、磁気地理学などといった「疑似科学」に腐心するように、当時の風水師たちが「理気」という言葉に陶酔していったのも無理からぬことではある。しかしそれは「腐儒」という堕落と隣り合わせであったことも否めなかった。

風水には「巒頭派」と呼ばれる系列と「理気派」と呼ばれる系列とがあるが、巒頭派によれば、巒頭の作用は80%、理気の作用は20%に過ぎないとするが、理気派によっても、巒頭の作用が60%、理気の作用は40%としており、いずれにしろ、巒頭優先であることは明らかである。

時間や方位など、あらゆる物事に易卦や干支という記号をつけて分類した上で、共通するものから規則性を見出し、次に来るものを予知する、という中国式記号類型学の手法は、「格物致知」という、二千五百年来中国の学問を支え続けた理念に合致するだけではない。そのような経験を持たない西洋科学から見て否定も肯定もできないし、少なくとも「反科学」とは言えない分野である。 つまり「風水」などの五術は「記号類型」に依拠する限り、科学から否定されることはないのである。

形法風水では、大地における気の流れを重視し、龍脈からの気の流れが阻害されておらず、運ばれてきた気が溜まり場になっているような土地に都市や住宅を建造しなければならないとする。そうすることによってその地方や一家に優秀な人材が輩出され、冨にも恵まれると考えた。陰宅すなわち墳墓も同様であり、祖先がいる場所が子孫に影響を与えるとし、土地がよければ子孫は繁栄し、悪ければ没落すると考えられている。

理気風水では、方位の吉凶を重視し、個々人の生年月日によって決定される方位の吉凶にもとづき住居や墓の方位、住居内の配置などを決める。

風水 インテリア

風水 インテリアとは室内の風水のことです。部屋の間取り・玄関・窓・階段・居間・家具・寝室・台所の位置や形状や色などにおいて風水 原理を適用して、室内の気の流れがバランス良く整えられます。そもそも住居は一つの密閉空間であるが故に、室内の気の流れが最も大事のようです。室外の風水がいくら良くても、室内の風水が悪ければ、不運を引き寄せてしまうと言われています。

風水 玄関

玄関は「生気」が入る「気口」、気の入り口のため、いい気・悪い気が入るのかその位置が決め手です。玄関を開けると、「殺気」が入らないように防ぐことも大事です。例えば、下記の様な物は「殺気」を引き起こすと言われています。

建物の角  

屋根の角

十字架の様な物


風水 寝室

寝室の形は正方形か長方形が理想です。変形の形であれば、カーテンや屏風などを使って調整するといいでしょう。下記の様な寝室の配置は避けましょう。

  寝室の下に台所  

  寝室の下に車庫  

  寝室の上にトイレ  


風水 階段

一階の気が二階へ導かれる階段の風水が良ければ、「生気」が家全体に行き渡ります。しかし階段の風水が悪いと、病気・災い・事故などの不運の原因と言われています。下記の階段は風水の悪い例です。

無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら



Copyright© 2002-癒し系のグッズ,癒し系アイテム,風水ジュエリー,風水パワーストーンの総合案内所 All Rights Reserved


inserted by FC2 system